「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

M&Aのセルサイドとは? セルサイドとバイサイドの違いを解説

M&Aのセルサイドとは? セルサイドとバイサイドの違いを解説

M&Aのセルサイドとは? セルサイドとバイサイドの違いを解説

M&A(合併および買収)のセルサイドは、合併および買収取引において売り手側の立場にある企業または専門家の指す用語です。セルサイドは、自社またはクライアントの企業を買い手に提供する側の取引を担当する側を指します。セルサイドの主要な役割は、買い手を見つけ、交渉し、取引を成立させることです。

一方、M&A(合併および買収)のバイサイドは、M&A取引において買い手側の立場にある企業または専門家を指す用語です。バイサイドは、他の企業や資産を取得しようとする企業や投資家を指します。バイサイドの主要な目標は、収益性や戦略的利益を追求し、適切な取引条件で買収または合併を実現することです。

目次

日本の中小企業の後継者不足の問題

日本の中小企業の後継者不足は、経済および社会的な課題の一つとして重要視されています。この問題にはさまざまな要因が関与しており、以下にその主な要因と影響について説明します。

  1. 少子化:日本は少子化が進行しており、人口ピラミッドが逆三角形のようになっています。この少子化は労働力の減少につながり、中小企業の後継者を見つける難しさに寄与しています。
  2. 農村部から都市への流出:若者が都市へ移動し、農村部や地方地域から離れる傾向があるため、地方の中小企業において後継者を見つける難しさが増しています。
  3. 事業承継の難しさ:事業の承継は複雑で資金が必要であるため、後継者が家族経営の中小企業を引き継ぐことが難しい場合があります。
  4. 若者の起業志向:若者の中には、独立起業や新しいビジネスモデルの構築に興味を持つ人が増えており、家族経営の伝統的な中小企業を継ぐことに興味を持たない場合があります。
  5. 高齢化社会:経営者が高齢化しているため、後継者不足の問題はさらに深刻化しています。高齢の経営者が引退する際、事業の存続が危ぶまれます。

後継者不足の問題が放置されると、中小企業の存続が危びつし、地域経済に悪影響を及ぼす可能性があります。

M&Aとは


M&A(Mergers and Acquisitions)は、企業経営において異なる会社や事業体を統合し、合併または買収を通じて新しいエンティティを形成するビジネス取引のプロセスおよび略語です。M&Aは、企業の成長戦略、市場進出、リソースの統合、競争力向上、または他の戦略的目的を達成するために使用されます。

M&Aの主要なカテゴリーは次の通りです。

  1. 合併(Merger): 通常、同等の地位の2つ以上の企業が統合して、新しい統一企業を形成するプロセスです。合併において、合併に参加する各企業の株主は新しい会社の株主になります。
  2. 買収(Acquisition): 一つの企業が別の企業を買収するプロセスです。買収企業(買い手)は、対象企業(売り手)の株式または資産を取得し、対象企業を完全に統合するか、子会社として独立させることがあります。

M&Aはさまざまな目的で行われます。

  1. 成長戦略: 新しい市場に進出し、収益性を高めるために他の企業を取得すること。
  2. リソース統合: 統合によって効率性を向上し、リソースを最適化すること。
  3. 市場シェアの拡大: 競合他社を取得して市場シェアを拡大し、競争力を高めること。
  4. 技術や知識の取得: 他の企業から技術、特許、ブランド、または専門知識を取得すること。
  5. 失敗した企業の再建: 経営困難な企業を救済し、再建するために買収を行うこと。

M&Aは多くの場合、専門家やアドバイザーの協力を必要とし、法的、財務、戦略的な側面を含む複雑なプロセスです。成功するためには十分なデューデリジェンス(事業の詳細調査)、適切な交渉、適切な資金調達が必要です。また、M&Aはビジネス環境や規制に関連する要因に影響を受けるため、国や地域によって異なる法的要件が存在します。

M&Aセルサイドの主な役割

M&A(合併および買収)のセルサイドは、M&A取引において売り手側の立場にある企業または専門家の役割を指します。セルサイドの主な役割と責任には以下のようなものが含まれます。

  1. 取引の戦略と計画: セルサイドはM&A取引の戦略を策定し、取引プロセスの計画を立てます。これには売却価格、タイミング、交渉戦略などが含まれます。
  2. 買い手の特定: セルサイドは、潜在的な買い手候補を特定し、そのリストを作成します。これは戦略的なパートナーシップを模索するか、事業全体または一部を売却する際に行われます。
  3. デューデリジェンス: セルサイドは買い手が事業に対して行うデューデリジェンス(事業の詳細調査)プロセスを支援し、必要な情報や文書の提供を行います。これには財務デューデリジェンス、法的デューデリジェンス、および事業デューデリジェンスが含まれます。
  4. 交渉: セルサイドは買い手との交渉をリードし、最良の取引条件を確立しようとします。これには価格交渉、契約条件、クロージングスケジュールなどが含まれます。
  5. 契約の締結: セルサイドは取引に関する正式な契約書を準備し、買い手と合意に達することで取引を確定化します。
  6. クロージング: セルサイドは取引のクロージング(成立)プロセスを管理し、すべての条件が満たされた際に取引が完了するようにします。これには資金の受領、株式の移転、事業の引き渡しなどが含まれます。
  7. コミュニケーション: セルサイドはステークホルダー、株主、社員、および関連する利害関係者に対して適切なコミュニケーションを行い、取引の進行状況を報告します。

セルサイドは売り手の利益を代表し、最良の条件での取引を実現する役割を果たします。このプロセスは専門知識と経験が必要であり、しばしば投資銀行、法律事務所、M&Aアドバイザー、および企業の内部チームからなる多くのプロフェッショナルが協力して行われます。

M&Aバイサイドの主な役割

M&A(合併および買収)のバイサイドは、M&A取引において買い手側の立場にある企業または専門家の役割を指します。バイサイドの主な役割と責任には以下のようなものが含まれます。

  1. 買収戦略の策定: バイサイドは買収の戦略を立案し、どの企業または資産を取得するか、また取引の目標と優先事項を決定します。これには市場分析、競争状況の評価、および買収の目的を明確にすることが含まれます。
  2. ターゲット企業の特定: バイサイドは適切なターゲット企業を特定し、リストを作成します。これには財務および戦略的評価、デューデリジェンス、および競合他社の調査が含まれます。
  3. デューデリジェンス: バイサイドはターゲット企業に対するデューデリジェンスを実行し、企業の財務、法的、戦略的な側面を詳細に調査します。これにより、取引のリスクと機会を評価できます。
  4. 価格交渉: バイサイドはターゲット企業と価格交渉を行い、買収価格やその他の取引条件を確立しようとします。これは取引価格の決定や契約条件の調整を含みます。
  5. 資金調達: バイサイドは買収に必要な資金を調達するための戦略を策定し、銀行融資、株式の発行、債券の発行などを検討します。
  6. 契約の締結: バイサイドは正式な契約書を準備し、買収に関する契約を締結します。契約には取引の条件、クロージング日、およびその他の細かい規定が含まれます。
  7. クロージング: バイサイドは取引のクロージング(成立)プロセスを監督し、取引が最終的に完了するようにします。これには資金の提供、株式の移転、法的手続きの完了が含まれます。
  8. 統合計画: バイサイドは取引後の統合計画を立案し、買収した企業を既存の事業に効果的に統合するための戦略を開発します。

バイサイドは買収プロセス全体を主導し、買い手企業の利益を最大化し、取引の成功を追求します。このプロセスには多くのプロフェッショナルが関与し、投資銀行、法律事務所、財務アドバイザー、および内部のM&Aチームが協力して取引を実行します。

M&Aを検討されている方で、特にセルサイド側はM&Aアドバイザーに依頼するのは必須です。車を売却する場合は、買取屋を数件まわれば買取額の相場はわかりますが、会社や事業の売却相場の算出は難しいです。また、会社や事業の売却を何度も行っている社長さんは少なく、ほとんどの方は初めての経験だと思います。売却後のトラブルも耳にします。M&Aアドバイザー利用し、ハッピーリタイアへ。

あわせて読みたい
M&Aセルサイドアドバイザー 【】 【】 M&Aセルサイドアドバイザーは、企業の合併や買収(M&A)プロセスにおいて、売り手側の企業をサポートする専門家です。M&Aトランザクションを遂行...
目次