「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

無料で集客|学習塾のホームページの信頼性を上げる方法

学習塾の集客に今やホームページの活用はかかせません。リスティング広告は即効性はありますが、費用がかかります。また地域によっては配信量が少なく、配信エリアを広げても無駄打ちとなってしますことも。地道にSEO対策を行い、より多くのユーザーの知ってもらうことがとても重要です。

ただ、ネット上のコンテンツは年々増加しており、その内容もさまざまです。検索エンジン側もユーザーに適切な情報を届けるため、できるだけ信頼性の高い情報を表示するようにしています。

そのため、コンテンツを作成する際に、ユーザー向けに「なぜこの情報は信頼できるのか」という根拠をできるだけ明示するとSEOの評価も高くなります。

あわせて読みたい
店舗型ビジネスSEO対策|Googleの検索ガイドラインYMYLとEATとは SEO(Search Engine Optimization)対策は、ウェブサイトやコンテンツが検索エンジンでより高い順位で表示されるように最適化するための活動です。SEO対策で重要な要素...
目次

コンテンツの信頼性を高めるには

スポンサーリンク

コンテンツの信頼性を高めることは重要なことです。信頼性のあるコンテンツは読者や視聴者に対して価値を提供し、情報の正確性と信頼を確保するのに役立ちます。以下にいくつかの方法を示します。

  1. 信頼性のある情報源を利用する: 公的な機関、大学、専門家の意見など、信頼性の高い情報源から情報を得ることが大切です。情報の出所を明確にし、実績のある情報提供者からの情報を優先するよう心がけましょう。
  2. 引用と参考文献: 提供する情報に対して適切な引用や参考文献を提供することで、情報の正確性と信頼性を裏付けます。信頼性の高い情報源を引用することで、読者や視聴者は情報の裏付けを確認できます。
  3. 専門知識を持つ人の協力: 専門的な知識を持つ人々と協力し、その知識を活かしたコンテンツを作成することで、信頼性を高めることができます。専門家や業界のリーダーに取材を行ったり、コラボレーションを行うことで、コンテンツの品質が向上します。
  4. 事実確認と正確な情報提供: コンテンツを作成する際には、情報の正確性を確認するために事実確認を行うことが大切です。誤った情報を提供しないように心がけましょう。特に統計データや数字を使用する場合は、正確な情報を提供するようにしましょう。
  5. バイアスや偏りの排除: 偏った情報やバイアスが入らないように注意しましょう。客観的な視点から情報を提供することで、読者や視聴者に信頼性の高いコンテンツを提供できます。
  6. 透明性とプロセスの説明: コンテンツの制作プロセスや情報の取得方法などを読者や視聴者に説明することで、透明性を確保し信頼性を高めることができます。どのように情報を収集し、整理しているかを共有することは重要です。
  7. 更新と修正: 新しい情報や訂正があった場合には、迅速にコンテンツを更新することで正確性を保ちましょう。古くなった情報を提供することがないように注意します。
  8. 編集と校正: コンテンツを編集し、文章の誤りや論理的な矛盾を修正することで、読者や視聴者にわかりやすく信頼性のある情報を提供できます。
  9. フェアな立場の取り組み: 特定の立場や意見に偏ることなく、複数の視点や意見を考慮に入れるように努めることが大切です。バランスの取れたコンテンツを提供することで、信頼性を高めることができます。

学習塾ですと受験の専門用語などがございます。それらをわかりやすく説明することで、幅広い読者や視聴者に理解されるようになります。

信頼性を上げるには、E-A-Tなど個別のスコアがあるわけではないので具体的に「こうすれば対策できる」といった類のものではありません。
「ユーザーが初めて自分のサイトに訪問した際に信用してくれるか?」「わかりやすのか?」といったことを指標に考えると自然と信頼性へとつながっていきます。

目次