「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【検索ワード紹介】弁護士事務所・法律事務所向けSEO対策 インターネット集客のメリットデメリット

【検索ワード紹介】弁護士事務所・法律事務所向けSEO対策 インターネット集客のメリットデメリット

【検索ワード紹介】弁護士事務所・法律事務所向けSEO対策 インターネット集客のメリットデメリット

現代のデジタル社会では、インターネットを活用したマーケティング戦略が不可欠です。その中でも、検索エンジン最適化(SEO)は、クライアントにあなたの事務所を見つけてもらうための最適な手段です。この記事では、弁護士事務所の集客ために必要な効果的なSEO対策の方法について詳しく解説します。

日本弁護士連合会が2021年に行った調査によると、全国の20歳以上の男女で「知り合いに弁護士がいる」と回答した人は12.4%でした。ちなみに「知り合いに医師がいる」と回答した人は、日本医師会が2021年に行った調査によると28.2%です。

このように、「いざ弁護士の先生に相談がしたい」と思って知り合いを通じてでも、たどり着くことができないのが現状です。また、例え知り合いに弁護士がいたとしても、「知り合いには相談したくない」という悩みもあります。そのためユーザーはインターネットでさまざまな悩みを検索し、解決策を模索しているのです。

SEO対策(検索エンジン最適化)とは、ウェブサイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されるようにするための施策です。これにより、サイトへのアクセス数を増やし、より多くの訪問者を獲得することができます。

目次

弁護士事務所・法律事務所向けSEO対策

スポンサーリンク

インターネットを活用した集客方法の一つとして、SEO(検索エンジン最適化)が効果的です。ここでは、弁護士事務所が効果的にSEO対策を行うためのポイントを紹介します。

1. キーワードリサーチ

SEOの第一歩は、適切なキーワードを見つけることです。弁護士事務所に関連するキーワードをリサーチし、ターゲットとするクライアントが検索しそうなフレーズを見つけましょう。例えば、「離婚弁護士 東京」「相続 弁護士」など、具体的なニーズに応じたキーワードを選定します。

下記の画像はインターネット上弁護士に関連する単語がどれくらい検索されているかを示した画像です。単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。

このように弁護士に関連する単語が多く検索されています。文字が大きいほど競合が多い単語ですので、SEO対策としては難易度が上がります。2単語や3単語の組み合わせでキーワードを選ぶ方が上位表示が期待できます。

2. 高品質なコンテンツの作成

検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報を提供するサイトを評価します。ブログ記事やFAQ、法的アドバイスなど、クライアントにとって価値のあるコンテンツを定期的に更新しましょう。例えば、最新の法律改正についての解説や、よくある法律相談に対する回答記事などが考えられます。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるオーディエンスに対して価値ある情報やコンテンツを提供することで、関心を引き、信頼関係を築き、最終的に顧客としての行動を促すマーケティング戦略の一つです。これには、ブログ記事、動画、ホワイトペーパー、電子書籍、インフォグラフィック、ソーシャルメディア投稿など、多様な形式のコンテンツが含まれます。

コンテンツマーケティングの主な目的

  1. ブランド認知の向上: 高品質なコンテンツを通じてブランドの知名度を高めます。
  2. リードジェネレーション: 有益なコンテンツを提供することで、潜在顧客の情報を収集し、顧客候補を増やします。
  3. 顧客エンゲージメント: ユーザーが関心を持つコンテンツを提供し、顧客との関係を深めます。
  4. 信頼性の構築: 専門的な知識や情報を提供することで、信頼性や権威性を確立します。
  5. SEOの向上: キーワードを意識したコンテンツ作成により、検索エンジンでのランキングを改善します。

主な手法

  1. ブログ記事: 定期的に役立つ情報やニュースを発信することで、読者を引きつけます。
  2. ソーシャルメディア: プラットフォーム上での情報共有や対話を通じて、広範なオーディエンスにリーチします。
  3. 動画: チュートリアルや製品紹介、ウェビナーなどを通じて、視覚的に訴求します。
  4. メールニュースレター: 定期的な情報配信により、顧客との接点を維持します。
  5. ホワイトペーパー/電子書籍: 詳細なレポートやガイドを提供し、専門的な知識をアピールします。

効果的なコンテンツマーケティングのポイント

  1. ターゲットオーディエンスの明確化: 誰に向けてコンテンツを作成するのかを明確にします。
  2. 価値ある情報の提供: ユーザーにとって有益で興味深いコンテンツを提供します。
  3. 一貫したブランドメッセージ: ブランドのトーンやメッセージを統一し、信頼性を高めます。
  4. 継続的なコンテンツ更新: 定期的に新しいコンテンツを提供し、ユーザーの関心を維持します。
  5. 効果測定と改善: コンテンツのパフォーマンスを分析し、戦略を改善します。

弁護士事務所・法律事務所のブログ機能が備わったホームページをよく拝見します。日記のように使う事務所もあれば、何らかのイベントの案内をブログで行う事務所もあります。冒頭でもお伝えしたとおり、ユーザーはさまざまな悩みをインターネットで調べています。その悩みを解決するようなブログを書くのは、コンテンツマーケティングの有効な手段です。

3. ローカルSEOの活用

特に地域密着型の弁護士事務所にとって、ローカルSEOは非常に重要です。Google ビジネスプロフィールに事務所情報を登録し、正確な住所や電話番号、営業時間を記載します。また、地域名を含むキーワードを積極的に使用することで、地元のクライアントに見つけてもらいやすくなります。

ホームページ運用代行サービスの紹介バナー

4. モバイルフレンドリーなサイトの構築

多くのユーザーがスマートフォンを使って情報を検索するため、モバイルフレンドリーなウェブサイトは必須です。レスポンシブデザインを採用し、どのデバイスからでも快適に閲覧できるサイトを構築しましょう。

5. 内部リンクと外部リンクの戦略的活用

サイト内のページ同士を適切にリンクすることで、検索エンジンにとって理解しやすい構造を作りましょう。また、信頼性の高い外部サイトからのリンクを獲得することも、SEO対策において重要です。業界内の他の専門家や関連するブログと協力し、リンクを交換する方法も有効です。特に質の高いサイトからの外部サイトからのリンク獲得(被リンク)はGoogleの評価が高くなります。

以前は、被リンクをお金を払って購入する手法が流行っていましたが、現在では低品質のサイトからの被リンクはGoogleの評価が下がります。お勧めしません。

弁護士事務所のSEO対策は、クライアントの獲得に大いに役立ちます。適切なキーワードリサーチ、高品質なコンテンツの作成、ローカルSEOの活用など、基本的な対策をしっかりと行うことで、事務所のオンラインプレゼンスを強化し、多くのクライアントに見つけてもらう可能性が高まります。

SEO対策のメリットデメリット

SEO対策には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。

メリット

  1. 長期的な効果: 一度上位表示されると、そのポジションを維持しやすく、継続的なトラフィックを得られます。
  2. コスト効果が高い: オーガニック検索結果からの流入は広告費が不要で、長期的にはコストパフォーマンスが高いです。
  3. 信頼性の向上: 検索結果の上位に表示されることで、ユーザーからの信頼が向上します。
  4. ターゲット層へのリーチ: 適切なキーワードを狙うことで、関心の高いユーザーにアプローチできます。
  5. ウェブサイトの改善: SEO対策の過程でウェブサイトのユーザビリティやコンテンツの質が向上します。

デメリット

  1. 時間がかかる: SEO対策の効果が現れるまでに数ヶ月から半年以上かかることがあります。
  2. アルゴリズムの変動リスク: 検索エンジンのアルゴリズムが変わると、順位が急激に下がるリスクがあります。
  3. 競争の激化: 人気のあるキーワードは競争が激しく、上位表示が難しいことがあります。
  4. 専門知識が必要: 効果的なSEO対策には、専門的な知識とスキルが必要です。
  5. 継続的な努力が必要: コンテンツの更新やリンクの構築など、継続的な努力が求められます。

SEO対策は、長期的な視点で見れば非常に効果的なマーケティング手法ですが、効果が出るまでに時間がかかり、競争の激しい分野では特に難易度が高くなります。適切な知識と継続的な努力が求められるため、他のマーケティング手法と組み合わせてバランスよく活用することが重要です。

検索ワード紹介

弁護士事務所の検索ワードは、ターゲットとするクライアントのニーズや地域に合わせたものが効果的です。

一般的なキーワード

  1. 弁護士 + 地域名
    • 例: 「東京 弁護士」「大阪 弁護士」
  2. 法律相談 + 地域名
    • 例: 「法律相談 福岡」「法律相談 札幌」
  3. 法律事務所 + 地域名
    • 例: 「法律事務所 名古屋」「法律事務所 神戸」

「〇〇区 法律事務所」「〇〇駅 法律事務所」などもっとエリアの方が上位表示は狙いやすくなります。

専門分野に関するキーワード

  1. 離婚弁護士 + 地域名
    • 例: 「離婚弁護士 東京」「離婚弁護士 大阪」
  2. 相続弁護士 + 地域名
    • 例: 「相続弁護士 名古屋」「相続弁護士 福岡」
  3. 交通事故弁護士 + 地域名
    • 例: 「交通事故弁護士 京都」「交通事故弁護士 広島」
  4. 刑事弁護士 + 地域名
    • 例: 「刑事弁護士 横浜」「刑事弁護士 札幌」
  5. 企業法務弁護士 + 地域名
    • 例: 「企業法務弁護士 東京」「企業法務弁護士 大阪」

その他の関連キーワード

  1. 無料法律相談 + 地域名
    • 例: 「無料法律相談 東京」「無料法律相談 大阪」
  2. 弁護士 費用 + 地域名
    • 例: 「弁護士 費用 名古屋」「弁護士 費用 福岡」
  3. 弁護士 選び方 + 地域名
    • 例: 「弁護士 選び方 東京」「弁護士 選び方 大阪」
  4. 弁護士 口コミ + 地域名
    • 例: 「弁護士 口コミ 京都」「弁護士 口コミ 広島」
  5. 弁護士 相談 + 地域名
    • 例: 「弁護士 相談 横浜」「弁護士 相談 札幌」

コンテンツマーケティングにはロングテールワードがおすすめ

ロングテールワードとは、一般的に検索ボリュームが少なく、特定のニーズや興味に焦点を当てた複数のキーワードの組み合わせです。これらのワードは競争が少なく、具体的な検索意図を持つユーザーにリーチするために効果的です。ブログなどと相性は良いでしょう。ロングテールワードの特徴は以下の通りです。

特徴

  1. 具体性: ロングテールワードは一般的なキーワードよりも具体的で、ユーザーの検索意図をより正確に反映します。
  2. 低競争率: より詳細な検索ワードであるため、競合が少なく、上位表示される可能性が高まります。
  3. 高コンバージョン率: 具体的な検索を行うユーザーは、特定の情報やサービスを探しているため、コンバージョン率が高くなる傾向があります。
  4. 長いフレーズ: 一般的なキーワードよりも長いフレーズで構成されています。

例えば、「弁護士」というキーワードは非常に一般的で競争が激しいですが、「東京 離婚 弁護士 無料相談」というロングテールワードはより具体的で、競争が少ないため、ターゲットユーザーにアプローチしやすくなります。

メリット

  1. よりターゲット層にリーチ: 具体的な問題やニーズを持つユーザーにアプローチできるため、無駄なクリックを減らし、効率的なマーケティングが可能です。
  2. SEO効果の向上: 競合が少ないため、特定の検索クエリで上位に表示されやすくなります。
  3. 費用対効果が高い: PPC広告などでのコストが低く抑えられる場合が多いです。

ロングテールワード例

東京 離婚 弁護士 無料相談」 「大阪 交通事故 弁護士 料金」 「名古屋 労働問題 弁護士 評判」 「福岡 相続 弁護士 初回無料」 「札幌 刑事事件 弁護士 相談」 「京都 企業法務 専門弁護士」 「横浜 離婚 調停 弁護士」 「神戸 遺産分割 協議 弁護士」 「広島 労働問題 無料 弁護士」 「仙台 不動産 トラブル 弁護士」 「千葉 離婚 子供の親権 弁護士」 「川崎 パワハラ 弁護士 無料相談」 「兵庫 建設業 トラブル 弁護士」 「静岡 消費者トラブル 弁護士 相談」 「新潟 離婚 調停 サポート 弁護士」

まとめ

弁護士事務所がSEO対策を実施することで、多くのメリットを享受できます。SEO対策により、検索結果の上位に表示されることで、より多くのクライアントにリーチでき、信頼性の向上や持続的なトラフィックの増加が期待できます。

  1. SEO対策の重要性
    • 長期的なトラフィック増加とコスト効果の高い集客が可能。
    • 検索結果の上位表示により、信頼性とブランド認知が向上。
  2. おすすめの検索ワード
    • 「弁護士 東京」や「法律相談 大阪」などの地域名と組み合わせたキーワードが効果的。
    • 専門分野に特化した「離婚弁護士 福岡」や「交通事故弁護士 京都」などのキーワードも有効。
  3. ロングテールワードの活用
    • より具体的で競争が少ないキーワードを活用することで、特定のニーズを持つユーザーにリーチしやすくなる。
    • 「東京 離婚 弁護士 無料相談」や「名古屋 労働問題 弁護士 評判」など、具体的な検索意図に対応するキーワードが有効。

このブログ記事を通じて、弁護士事務所のSEO対策の重要性と具体的な手法について理解が深まり、実際の対策に役立てていただければ幸いです。

ATSUSHI SABURI

株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、 ホームーページ SEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む 教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、 SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

目次