「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【初心者向け】風評被害対策|逆SEO対策を自分でやる方法

【初心者向け】風評被害対策|逆SEO対策を自分でやる方法

【初心者向け】風評被害対策|逆SEO対策を自分でやる方法

オンライン上での評判やイメージは、現代のビジネスや個人にとって非常に重要です。しかし、インターネットの広大な世界では、良くも悪くも情報が瞬く間に拡散し、風評被害は数えきれないほどの人々に影響を与えています。企業や個人がネット上でのイメージを保護し、悪意ある情報や不当な批判から身を守るためには、逆SEOが有効な手段となります。逆SEOを理解し、実践することで、自身や企業のオンライン上での評判を積極的に構築し、風評被害から守ることが可能です。この記事では、逆SEOの基本原則から具体的な手法を解説します。

目次

風評被害とは

風評被害は、特定の人物、企業、製品、サービス、あるいはイベントなどについて、ネガティブな情報や評価が拡散され、それがその対象に不当な損害を与える現象です。このような風評被害は、インターネットやソーシャルメディアの普及によって、より容易に広がるようになりました。

  1. 虚偽の情報の拡散 悪意を持った個人や競合他社からの虚偽の情報が、インターネット上やソーシャルメディアで広まります。これによって、被害者の信頼性や評判が傷つけられる可能性があります。
  2. 不正確な情報の拡散: 情報が不正確であるにも関わらず、誤った情報が拡散されることがあります。これによって、被害者の評判やビジネスに悪影響が及ぶ可能性があります。
  3. 悪質なコメントやレビューの投稿 競合他社や悪意を持った個人が、虚偽のレビューやネガティブなコメントを意図的に投稿することがあります。これによって、被害者の評判や信頼性が損なわれる可能性があります。

特に学習塾は競合他社や過去に勤務していた講師から、虚偽のレビューやネガティブコメントを投稿されるケースが多いです。

風評被害は、被害者にさまざまな形で影響を与えるだけでなく、その修復や対処も困難を極めることがあります。そのため、風評被害に対する効果的な対策が求められています。

逆SEOとは

逆SEO(Reverse SEO)は、通常のSEO(Search Engine Optimization)とは逆のアプローチを取り、特定の情報やコンテンツが検索エンジンの検索結果から排除されるか、あるいはそのランキングが下げられるようにするテクニックです。逆SEOは、特定のネガティブな情報や不利なコンテンツが検索結果の上位に表示されることを防ぐために使われることがあります。

  1. 悪評やネガティブな情報の排除: 逆SEOを利用することで、ネガティブな記事やコメント、レビューなどが検索結果から排除されるか、あるいはそのランキングが下げられるため、悪評やネガティブな情報の影響を軽減することができます。
  2. ポジティブな情報の強化: 逆SEOを使って、ポジティブな情報やコンテンツを検索結果の上位に表示させることができます。これによって、良い評判やポジティブな情報が強調され、風評被害を回避するのに役立ちます。
  3. リスク管理: ネガティブな情報が検索結果の上位に表示されることは、企業や個人にとって信頼性や評判の面でリスクをもたらします。逆SEOを利用することで、このようなリスクを管理し、風評被害から身を守ることができます。

要するの逆SEO対策は、自社にとってポジティブ情報の順位をSEO対策し、ネガティブな情報が掲載されているサイトよりも順位を上位に上げる対策を行います。

逆SEOの基本原則

逆SEOの基本原則は、ポジティブな情報を増やして検索結果の上位に表示させ、同時にネガティブな情報を排除またはランキングを下げることです。これは、ポジティブなコンテンツの増加、キーワードの最適化、リンクの管理、ソーシャルメディアの活用などによって実現されます。

実践的な逆SEOの手順

  1. 情報の分析: まず最初に、ネガティブな情報がどのように検索結果に表示されているかを分析します。特定のキーワードやフレーズで検索した際に、どのようなネガティブな情報が上位に表示されるかを把握します。
  2. ポジティブなコンテンツの作成 検索結果からネガティブな情報を排除するためには、ポジティブなコンテンツを作成する必要があります。自身や企業のウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアのプロフィールなどにポジティブな情報を掲載し、検索結果の上位に表示されるようにします。
  3. ポジティブなコンテンツの最適化 作成したポジティブなコンテンツを検索エンジンにより良く認識させるために、関連するキーワードやフレーズを適切に使用して最適化します。タイトル、メタタグ、コンテンツ本文などにキーワードを配置し、検索エンジンがポジティブな情報として認識するようにします。
  4. リンクの管理: ポジティブなコンテンツへのリンクを増やし、ネガティブな情報へのリンクを減らすことで、検索エンジンがポジティブな情報を重視するようにします。また、ネガティブな情報へのリンクを削除するなどの対策も行います。
  5. ソーシャルメディアの活用: ソーシャルメディアを活用してポジティブなイメージを構築し、検索結果に影響を与えます。定期的にポジティブな投稿やコメントを行い、自身や企業の評判を向上させることが重要です。
  6. 定期的なモニタリングと更新: 実施した逆SEOの効果を定期的にモニタリングし、必要に応じて戦略を更新します。新たなネガティブな情報が出てきた場合は、早めに対処することが風評被害を最小限に抑えるために重要です。

その他、ネガティブな情報を書いたサイトの管理者に削除依頼を出したりもします。

逆SEO対策の具体的な方法

ポジティブなコンテンツの作成と最適化

ポジティブな記事、ブログ投稿、プレスリリース、ソーシャルメディアの投稿などを作成し、関連するキーワードを適切に最適化します。これにより、ポジティブな情報が検索結果の上位に表示されるようになります。

  1. ブログ記事の作成 自分や企業の専門知識や経験に関する役立つ情報を提供するブログ記事を定期的に作成します。この際、タイトルや見出しにキーワードを含めると共に、内容を充実させてSEO効果を高めます。
  2. ウェブサイトのコンテンツ作成 自社ウェブサイトにポジティブな情報を追加し、サービスや製品の説明や事例紹介、お客様の声などを掲載します。キーワードを適切に配置し、検索エンジンによる認識を促します。
  3. プレスリリースの発行: 企業の新商品・サービスの発表や成果、イベント参加などのポジティブな情報を伝えるプレスリリースを作成し、各種メディアに配信します。
  4. ソーシャルメディアの活用: Facebook、Twitter、LinkedInなどのソーシャルメディアプラットフォームでポジティブな情報を共有し、フォロワーやコミュニティとの関係を築きます。定期的な投稿やコメントを通じて、信頼性や専門性をアピールします。
  5. 画像や動画の活用: インフォグラフィック、動画コンテンツ、画像などの視覚的なコンテンツを作成し、ポジティブなメッセージを伝えます。これらのコンテンツも適切なキーワードを含めて最適化します。
  6. レビューや評価の取得: 顧客や取引先からのポジティブなレビューや評価を取得し、ウェブサイトやソーシャルメディアプロフィールに掲載します。これにより信頼性を高め、検索結果にもポジティブな影響を与えます。

既存のポジティブなコンテンツの最適化

既存のウェブサイトやソーシャルメディアのプロフィールなど、ポジティブなコンテンツを最適化して検索エンジンに認識させます。

  1. キーワードの選定と配置の見直し: コンテンツ内に重要なキーワードやフレーズを見直し適切に配置し、検索エンジンがコンテンツの内容を更新できるようにします。キーワードは自然に文章に組み込むことが重要です。
  2. コンテンツの更新と充実: 既存のコンテンツを定期的に更新し、新しい情報や見解を追加します。また、コンテンツの充実度を高めるために、追加の情報やリンクを含めることも効果的です。
  3. 内部リンクの最適化: コンテンツ内に他の関連するページへのリンクを追加し、ユーザーが関連情報に簡単にアクセスできるようにします。内部リンクはキーワードを含めることで、関連性を高める効果があります。
  4. 画像の最適化: 画像ファイルに適切なファイル名やALT属性を設定し、キーワードを含めます。これにより、画像検索での表示や検索エンジンの評価が向上します。
  5. ページの読み込み速度の最適化: コンテンツが迅速に読み込まれるように、ページの読み込み速度を最適化します。これには画像の最適化、キャッシュの有効活用、不要なスクリプトの削除などが含まれます。
  6. ユーザーエクスペリエンスの向上: ユーザーがコンテンツに簡単にアクセスできるようにナビゲーションやレイアウトを最適化します。また、コンテンツがユーザーにとって価値のある情報を提供しているかどうかも重要です。

ネガティブな情報と対抗しうるポジティブなページまたはコンテンツを作成し、そのページのSEO対策を行います。結果的にそのページがネガティブな情報のサイトより上位に行けば、ネガティブな情報を見るユーザーが減っていくことになります。

ネガティブなコンテンツの排除または修正

ネガティブな情報が掲載されているウェブサイトやソーシャルメディアの管理者に対して、削除や修正の要求を行います。また、個人情報や誹謗中傷など違法な情報の場合は、法的手段を検討することもあります。

Yahoo!知恵袋を削除依頼の方法

Yahoo!知恵袋で自身や企業に関する不適切な情報が掲載されている場合、削除依頼を行う方法は以下の通りです:

  1. ログインまたはアカウント作成: 削除依頼を行うには、まずYahoo!知恵袋にログインするか、アカウントを作成する必要があります。
  2. 問題のページの特定: 削除依頼を行いたい不適切なコンテンツが掲載されているYahoo!知恵袋のページを特定します。ページのURLやタイトルをメモしておきましょう。
  3. 削除依頼フォームのアクセス: Yahoo!知恵袋のヘルプページやサポートセンターから、不適切なコンテンツの削除依頼を行うためのフォームにアクセスします。一般的に、Yahoo!知恵袋のヘルプセンターやサポートページから該当するフォームにアクセスできます。
  4. 削除依頼の提出: フォームに必要事項を入力し、削除依頼を提出します。一般的には、依頼者の情報(名前、メールアドレスなど)、問題のページのURL、問題の内容や理由を簡潔に説明する欄があります。可能であれば、不適切なコンテンツの理由や根拠を明確に記載すると、削除がスムーズに進む場合があります。
  5. 返答の待ち合わせ: Yahoo!知恵袋の運営チームが削除依頼を受け付け、対応します。依頼の結果については、削除された場合は通知が届くことがあります。一般的に、削除依頼の処理には数日から数週間かかる場合があります。
  6. 追加の対応: もし削除依頼が受け入れられなかった場合、不適切なコンテンツが依然として残っている場合は、再度問題のページや状況を確認し、必要に応じて追加の対応を行います。場合によっては、法的な手続きを検討することもあります。

リンクの管理

ポジティブなコンテンツへのリンクを増やし、コメントなどが書き込まれたネガティブな情報へのリンクを減らすことで、検索エンジンの評価を変えます。

オンライン監視と迅速な対応

オンライン上の評判を定期的にモニタリングし、新たなネガティブな情報が出てきた場合は迅速に対応します。これにより、風評被害を最小限に抑えることができます。

逆SEO対策の注意点やポイント

  1. 合法性の確保: 不適切な手法や違法行為を行わず、合法的な手段で逆SEOを実施します。著作権やプライバシーなどの法的規制に違反しないよう注意します。
  2. 倫理観の尊重: ネット上での風評被害対策を行う際には、他者への配慮と倫理観を尊重します。公正さや正直さを重視し、競合他社や他者の評判を損なうことのないよう注意します。
  3. 情報の正確性と透明性: 提供する情報やコンテンツは正確であり、透明性を持つことが重要です。読者や利害関係者に対して、情報の出所や目的を明確に伝えます。
  4. 長期的な視野: 逆SEO対策は長期的なプロセスであることを理解し、焦らず着実に取り組みます。急ぎの成果を求めるあまり、不適切な手法に訴えることなく、持続的な効果を目指します。
  5. 組織全体の関与: 逆SEO対策は個々の業務だけでなく、組織全体の関与が必要です。関係部署や関係者と連携し、統一されたアプローチで進めます。
  6. モニタリングと改善: 逆SEOの効果を定期的にモニタリングし、必要に応じて戦略を改善します。新たなネガティブな情報の発生や検索エンジンのアルゴリズムの変化に迅速に対応します。
  7. 情報の多様化: 様々なオンラインプラットフォームやメディアでポジティブな情報を提供し、風評被害の影響を軽減します。単一のチャネルに依存せず、情報の多様化を図ります。

これらのポイントを順守し、適切な逆SEO戦略を展開することで、風評被害対策を効果的に実施することができます。ルールを守って対策をないと風評被害を助長する結果になりかねません。

あわせて読みたい
Googleマップに悪い口コミを書かれてしまった時の対処法 Googleマップに悪い口コミをかかれてしまった時の対処法 Google マップの口コミは、ユーザーがビジネスや場所について評価やコメントを投稿できる機能です。これは他の...

まとめ

逆SEOは、ネットでの風評被害に対抗するための手段の一つです。正確な情報と透明性を提供し、長期的な視野で取り組むことで、信頼性の高いオンラインプレゼンスを構築することが可能です。この情報で自身や企業の評判を守りことの力になれれば幸いです。

ATSUSHI SABURI

 株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、ホームーページのSEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

目次