「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【コンテンツマーケティング】美容系で次に狙う分野「ハイドラジェントル」について記事を書くのはいかがでしょう?

【コンテンツマーケティング】美容系で次に狙う分野「ハイドラジェントル」について記事を書くのはいかがでしょう?

美容系で次に狙う分野「ハイドラジェントル」について記事を書くのはいかがでしょう?

「ハイドラジェントル」は、主にフェイシャルケアやスキンケアの分野で使用される技術です。一般的には、「ハイドラファシャル」とも呼ばれます。この技術は、高圧の水流を用いて皮膚表面をやさしく洗浄し、角質や汚れを取り除きます。同時に、水流の力で皮膚をマッサージすることで血行が促進され、肌の新陳代謝が活性化される効果があります。これにより、肌のうるおいやハリ感が改善されるとされています。

この「ハイドラジェントル」をコンテンツマーケティングやブロガーさん、アフィリエイターさんにおすすめす理由を説明します。日々の記事作成に有益な情報になれば幸いです。

目次

美容業界をSEOが難しい

スポンサーリンク

美容業界はSEOが難しい理由はいくつかあります。

競争が激しい: 美容業界は非常に競争が激しいため、多くの企業やブランドがSEOを積極的に活用しています。特に大手企業や有名なブランドが多く参入しており、上位ランキングを獲得するためには高い競争力が求められます。

専門的なキーワードと競争: 美容に関連するキーワードやフレーズは、専門的で技術的な内容が多いため、それらに対する競争も激しい傾向があります。例えば、特定の美容治療や化粧品のブランド名など、特定のキーワードで上位ランクを競うことが難しい場合があります。

トレンドの影響: 美容業界はトレンドや季節性の影響を強く受ける業界です。新しい美容トレンドや商品が頻繁に登場し、それに対応したコンテンツを作成する必要があります。また、トレンドが変わるとそれに伴う検索キーワードの傾向も変化するため、常に最新の情報を提供する必要があります。

上記画像は、キーワードプランナーから「美容」というワードの関連ワードを抽出して、ワードクラウドで可視化したものです。

ワードクラウド

スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示しています。 単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。

美容、皮膚科、フェイシャルなどを今からトップページを狙うのは至難の業だと思います。

続いて、「美容医療」の関連ワードをキーワードプランナー抽出し、ワードクラウドで可視化してみました。この画像から私が気になったワードは2つ「ダーマペン」「ジェントル」。

共起ワードを調べると、「ダーマペン」は消えました。「ジェントル」に関しては、「美肌」「跡」「ニキビ」といったSEOでキーワードにするには対策が難しそうなワードに近しい存在に。

ハイドラジェントルを調べよう

キーワードプランナーで「ハイドラジェントル」の関連ワードを調べてワードクラウドで可視化した画像が上記となります。ほぼほぼ指名検索か2ワード「例」(ハイドラジェントル 毛穴)で検索されています。

指名検索とは

指名検索(またはブランド検索)とは、特定のブランド名や企業名を直接入力して行うインターネット検索のことを指します。これは、消費者が特定のブランドや企業の製品やサービスを探す際に使用される検索方法です。指名検索は、ブランドの知名度や信頼度が高い場合によく行われます。

共起ワードです。

月間の検索ボリュームは増減はありますが、PC、SPそれぞれ多い時で2万ほど。少しずつではあるが、検索ボリュームが増えていく傾向にあります。

Googleでハイドラジェントルと検索すると、トップくるサイトのドメインパワーは43、2位にくるサイトのドメインパワーは、下記の画像です。

  • 美容系分野はSEOが難しい
  • 美容系分野は検索されている
  • PVが稼がる可能性がある
  • 関連ワードが少ないため、組み合わせを考える必要がない
  • 上位サイトのドメインパワーがまだまだ若い

上記のことから、ハイドラジェントルに関する記事を書くと、そこそこPVが稼げるのでは?と思います。

YMYLにご注意を

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略称で、Googleの検索品質評価ガイドラインで使用される重要な概念です。これは、特に健康、財務、法的な情報に関連するコンテンツに適用されるガイドラインです。具体的には以下のような分野が該当します。

  1. 健康(Health): 医療情報、病気や治療方法に関する情報。
  2. 経済(Finance): 金融情報、投資や退職プランに関する情報。
  3. 法律(Legal): 法的問題や法律に関する情報。

YMYLページは、その情報の信頼性、正確性、専門性が重要視され、検索結果のランク付けにおいて特に厳格な評価が行われます。これは、ユーザーの生活、健康、安全性に大きな影響を与える情報であるため、高い品質のコンテンツが推奨されるという意味を持ちます。

記事の監修やライターさんが選びが重要ですね。

ATSUSHI SABURI

株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、 ホームーページ SEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む 教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、 SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

あわせて読みたい
Googleアドセンス 【申請から審査まで】審査結果に時間がかかる理由 Googleアドセンス 【申請から審査まで】審査結果に時間がかかる理由 今や、多くのブロガーやウェブサイト運営者の定番となっている、Google AdSenseを通じて広告収益を...
目次