「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【クリニック向けSEO】診療科別SEO検索ワード調査結果

【クリニック向けSEO】診療科別SEO検索ワード調査結果

【クリニック向けSEO】診療科別SEO検索ワード調査結果

この記事では、貴院のウェブサイトがより多くの患者さんに見つけてもらえるように、診療科別のSEO(検索エンジン最適化)ワードをご紹介します。インターネットでの情報検索が日常化している現代において、適切なキーワードを活用することで、クリニックのオンラインプレゼンスを高め、新たな患者さんとの出会いを増やすことができます。この記事では、内科や外科、皮膚科、歯科などの各診療科に検索数が多いSEOワードと、対策におすすめなワードについて説明します。貴院のオンライン戦略にお役に立てれば嬉しく思います。

目次

はじめに

スポンサーリンク

今回の調査は、Googleキーワードプランナーを使って、内科、外科、小児科、皮膚科、眼科、産科・婦人科、歯科について調査しています。Googleキーワードプランナーは、SEO対策やオンライン広告のプランニングに欠かせないツールです。ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、その検索ボリュームや競合度を調査することができます。

そして、そのGoogleキーワードプランナーで抽出したワードをワードクラウドを使い画像でまとめました。ワードクラウドは、語の出現頻度に応じて文字の大きさや色が変わるため、一目で重要なキーワードを把握することができます。単語の色は品詞の種類で異なっており、青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表しています。

検索ワード「内科」の場合

まだコロナの影響かPCRというワードが関連ワードとして挙がっています。内科には心療内科も含まれています。そのため、検索ユーザーが自身の症状などをいろいろ調べている様子がわかります。

対策したいワード

PCR検査 近くの内科 大腸カメラ 胃カメラ 寒気 めまい 息苦しい など

検索ワード「外科」の場合

外科には整形外科、美容外科も含まれてきます。CMの影響か、美容外科に関するワードが目立ちます。この分野はSEO対策をするより、リスティング広告を出稿した方が集患効果があると思います。

対策したいワード

専門医 医療〇〇 乳腺 など

検索ワード「小児科」の場合

小児科は非常に多岐に渡るワードで検索されています。まだ言葉を話せないお子さんをお持ちの親御さんが、子供の様子を見て、さまざまなワードで検索する様子がうかがえます。SEO対策は欠かせない診療科です。

対策したいワード

アレルギー ワクチン インフルエンザ キッズ 夜間外来 など

検索ワード「皮膚科」の場合

皮膚科も美容関連のワードが多く目につきます。「ほくろ」「シミ」といったビックワードはリスティング広告を活用する方が集患効果があると思います。

対策したいワード

ほくろ除去 赤ら顔 いたい あつい くろい など

検索ワード「眼科」の場合

眼科も症状にかんするワードが多く検索されています。集患のためにSEO対策は欠かせないです。

対策したいワード

ドライアイ ものもらい アレルギー 子ども近視 乱視 緑内障など

検索ワード「産科・婦人科」の場合

症状よりも直接病院やクリニックを探している様子がうかがえます。

対策したいワード

専門医 ピル 生理 費用 遅らせる など

検索ワード「歯科」の場合

歯科もある程度検索ワードが決まっているので、リスティング広告の方が集患効果が高そうです。

対策したいワード

歯ぎしり 親知らず 差し歯 クリーニング 詰め物 口臭 歯並び など

SEO対策かリスティング広告か

SEO対策とリスティング広告のどちらを選択すべきかについて、悩んでいる方も多いかと思います。ここでは、それぞれの特徴とメリットを踏まえて、選択のポイントを説明します。

SEO対策

SEO(検索エンジン最適化)は、ウェブサイトを検索エンジンで上位に表示させるための一連の取り組みです。以下のようなメリットがあります。

  • 長期的な効果: 一度上位にランクインすれば、長期間にわたり安定したアクセスを期待できます。
  • 信頼性向上: 自然検索の結果として上位に表示されることで、ユーザーの信頼を得やすくなります。
  • 費用対効果: 広告費用がかからないため、長期的にはコストを抑えられます。

しかし、SEOには時間がかかり、成果が出るまでに数ヶ月以上かかることがあります。また、競争が激しいキーワードでは上位表示が難しい場合もあります。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの結果ページに有料で広告を表示する方法です。具体的なメリットとしては、

  • 即効性: 広告を出稿すれば、すぐにでも検索結果の上位に表示されます。
  • ターゲティングの精度: 特定のキーワードや地域、時間帯などで広告を表示できるため、効率的な集客が可能です。
  • データ分析: 広告のパフォーマンスを詳細に分析し、最適化することができます。

ただし、クリックごとに費用が発生するため、長期的には高額になる可能性があります。また、広告を停止すると即座にアクセスが減少します。

選択のポイント

  1. 目標と期間: 短期間での集客を重視するならリスティング広告、長期的な集客を目指すならSEO対策が適しています。
  2. 予算: 初期費用や月々の予算に応じて選択します。SEOは初期投資が大きいですが、長期的にはコストが抑えられます。一方、リスティング広告は即効性があるものの、継続的に費用がかかります。
  3. 競争状況: 競合が少ないキーワードならSEOでも上位表示が狙えますが、競合が多い場合はリスティング広告の方が効果的です。

SEO対策をするならコンテンツマーケティングを

コンテンツマーケティングとは、価値ある情報やコンテンツを作成し、提供することで、特定のターゲットオーディエンスにアプローチし、関係性を構築するマーケティング手法です。これは、クリニックの集客や患者さんとの信頼関係の構築に非常に効果的です。

コンテンツマーケティングのメリット

  1. 信頼性の向上: 専門的な知識や役立つ情報を提供することで、クリニックの信頼性が向上します。
  2. SEO効果: 質の高いコンテンツは検索エンジンから評価されやすく、自然検索での上位表示につながります。
  3. 患者さんとの関係構築: 定期的に有益な情報を発信することで、患者さんとの長期的な関係を築くことができます。
  4. ブランド認知度の向上: 貴院の専門性やユニークな価値を広く伝えることができます。

コンテンツマーケティングの具体例

  1. ブログ記事: 健康に関するアドバイス、病気の予防法、新しい治療法の紹介など。
  2. 動画コンテンツ: 治療の手順やクリニックの紹介、医師のインタビューなどを動画で提供。
  3. ニュースレター: 定期的に患者さんに向けて健康情報やクリニックの最新情報をメールで送信。
  4. ソーシャルメディア: 健康情報やクリニックの活動をSNSで発信し、患者さんとのエンゲージメントを高める。

コンテンツマーケティングは、SEO対策やリスティング広告と組み合わせることで、さらに効果的なオンライン戦略を構築することができます。患者さんにとって有益な情報を提供し、貴院の専門性をアピールすることで、信頼を築き、新たな患者さんとの出会いを増やしましょう。

ATSUSHI SABURI

株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、ホームーページのSEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

あわせて読みたい
クリニックの集患ためのSEO戦略|インターネットから集患する方法 クリニックの集患ためのSEO戦略|インターネットから集患する方法 近年、医療業界においてもインターネットを活用した集患がますます重要視されるようになっています。患...
目次