「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

医師(医者)向け広告|医師(医者)が良く読む新聞

医師(医者)向け広告|医師(医者)が良く読む新聞

医師(医者)向け広告|医師(医者)が良く読む新聞

医師が読む新聞は、主に医療に関するニュースや情報を提供するものです。一般的な新聞と異なり、医療の最新研究や技術、医療政策など、医師にとって専門性の高い情報を網羅しています。医師(医者)向けに広告を投稿したい、医師(医者)に広告でリーチしたいという人のお役に立てればと思います。

医師が読む新聞には、大きく分けて以下の2種類があります。

全国紙

朝日新聞毎日新聞読売新聞日本経済新聞などの全国紙は、医療に関するニュースやコラムを毎日掲載しています。医療の最新動向を幅広く知りたい医師が読まれています。もちろんお住いの地域によって地方紙を読まれている医師もいます。

専門紙

医学界新聞Medical Tribune病院新聞などの専門紙は、医療に関するニュースや情報を専門的に報道しています。医療の専門知識を深めたい医師が読まれています。

近年は、インターネットやモバイル端末の普及により、医師が新聞を購読する機会は減少傾向にあります。しかし、医師にとって信頼できる情報源として、新聞は依然として重要な役割を果たしています。

目次

医師(医者)が新聞を読む3つの理由

スポンサーリンク

医師が新聞を読む理由としては、以下のようなものが挙げられます。

医療の最新動向を把握するため

医療は日々進歩しており、新しい治療法や薬剤が次々と開発されています。医師は、患者に最適な治療を提供するために、常に最新の医療情報を把握しておく必要があります。新聞は、医療の最新動向をいち早く知るための重要な情報源です。

医療政策や医療制度に関する情報を得るため

医療は、国家や社会の重要なインフラです。医療政策や医療制度は、医師の働き方や患者の受診環境に大きな影響を与えます。医師は、医療政策や医療制度に関する情報を把握しておくことで、患者に最適な医療を提供するために必要な知識やスキルを身につけることができます。

医師としての専門性を高めるため

医師は、常に学び続ける必要があります。新聞は、医療の専門知識を深めるための貴重な情報源です。新聞を読むことで、医師としての専門性を高め、患者に質の高い医療を提供することができます。

医師(医者)の購読者数が多い全国紙

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、日本経済新聞の4つの全国紙の中で、もっとも医者に読まれている新聞は、読売新聞です。

読売新聞は、医療に関するニュースやコラムを毎日掲載しており、医療の最新動向を幅広く知りたい医師が読んでいます。また、医療現場の取材やインタビューにも力を入れており、医療の現場の生の声を伝えることにも努めています。

読売新聞の医療に関する記事は、わかりやすく簡潔にまとめられており、医師だけでなく一般の人にも読まれやすいとされています。そのため、医師以外の医療関係者にも読まれていることも、読売新聞がもっとも医者に読まれている理由のひとつと考えられます。

具体的な調査結果としては、日本医師会が2020年に実施した調査によると、全国の医師のうち、読売新聞を購読している割合は35.6%と、他の3つの全国紙を大きく上回っています。また、医学界新聞やMedical Tribuneなどの専門紙と併せて読んでいる医師も多く、医療に関する情報収集の手段として、読売新聞を活用している医師が多いことがうかがえます。

なお、近年はインターネットやモバイル端末の普及により、医師が新聞を購読する機会は減少傾向にあります。しかし、読売新聞は、医師にとって信頼できる情報源として、今後も一定の購読者数を維持していくと考えられます。

医師(医者)の購読者数が多い専門誌

医者の購読者数が多い新聞は、以下の2つです。

医学界新聞

医学界新聞は、1922年に創刊された医療専門紙です。医療の最新研究や技術、医療政策など、医師にとって専門性の高い情報を幅広く掲載しています。公称発行部数は12万部で、医師の購読者数は約9割とされています。

あわせて読みたい

Medical Tribune

Medical Tribuneは、1956年に創刊された医療専門紙です。医療の最新研究や技術、医療政策、医療現場の話題など、医師にとって有益な情報を提供しています。公称発行部数は10万部で、医師の購読者数は約7割とされています。

Medical Tribune
医療・医学ニュース メディカルトリビューン | Medical Tribune Medical Tribune ウェブでは、医学新聞社として培ってきた経験を活かした最新医療ニュースを始め、転職支援、承継開業支援まで、幅広いサービスを提供していきます。

これらの新聞は、いずれも医療に関する専門知識や情報を豊富に掲載しており、医師にとって信頼できる情報源として重宝されています。

医師(医者)にリーチするにはどの新聞媒体が良いのか

医師は、医療に関する情報を収集するために、新聞をよく読む傾向にあります。そのため、医師の購読者数が多い新聞に広告を出せば、医師の目に留まりやすく、興味を持ってもらうことができる可能性が高くなります。

また、医師は、医療に関する専門知識や情報を求めているため、医療に関する広告であれば、特に興味を持ってもらえる可能性があります。

期待できる効果

認知度アップ

医師の購読者数が多い新聞に広告を出せば、医師の間で、企業や商品・サービスに対する認知度を高めることができます。

問い合わせや来店の増加

医師から問い合わせや来店が増えることで、売上や収益の向上につながる可能性があります。

専門性や信頼性の向上

医療に関する広告を出すことで、企業や商品・サービスに対する専門性や信頼性が高まる可能性があります。

ただし、あくまでも「可能性が高い」というだけで、必ずしも反響が良いとは限りません。ターゲット層や広告の目的などを考慮して、効果的な広告戦略を立てることが重要です。

自社の商品と媒体の整合性を検討する必要があります。

媒体を選ぶ際の注意点

ターゲット層を明確にする

開業医なのか、勤務医なのか、というターゲット層を明確にすることで、ターゲット層に届く広告のクリエイティブや出稿時期などを検討することができます。

広告の目的を定める

広告の目的を定めることで、効果的な広告のクリエイティブや出稿時期などを検討することができます。

効果測定を行う

広告の効果測定を行うことで、広告の効果を検証し、改善点を見つけることができます。

医師は、医療に関する情報を収集するために、新聞をよく読む傾向にあります。そのため、医師の購読者数が多い新聞に広告を出せば、医師の目に留まりやすく、興味を持ってもらうことができます。

医師向け広告で新聞を選択する際おお役にたてれば幸いです。

ATSUSHI SABURI

株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、ホームーページのSEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

目次