「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【初心者向け】誰でもできるインスタ広告の出し方・やり方

【初心者向け】誰でもできるインスタ広告の出し方・やり方

【初心者向け】誰でもできるインスタ広告の出し方・やり方

今や、インスタグラムはビジネスを成長させるための重要なツールとなっています。しかし、多くの経営者が直面するのは、「インスタ広告をどうやって出せばいいのか」という疑問です。本記事では、そんな悩みを解消すべく、誰でも実践できるインスタ広告の出し方やり方について解説します。

あなたの店舗が成功するためには、インスタグラムを使った効果的な広告戦略が不可欠です。しかし、広告の作成や設定に関する専門知識がない場合でも、心配はいりません。この記事では、初心者でも理解しやすいように、インスタ広告を出す方法を解説します。ぜひ、この記事を参考にして、あなたのビジネスをインスタグラムでさらに成長させる手助けをしてください。また、自身で広告運用ができるようになると経費削減にもつながります。

なお、この記事は、学習塾・飲食店・クリニックなど地域に密着して店舗経営をされている方を対象としております。

目次

インスタ広告がリスティング広告など比べて良い点

インスタ広告は、他のリスティング広告などと比べて店舗の集客に向いている点を説明します。

  1. 視覚的なコンテンツの魅力: インスタグラムは写真や動画が中心のプラットフォームであり、視覚的なコンテンツが強調されます。そのため、製品やサービスを魅力的にアピールするのに適しています。他のリスティング広告などのテキストベースの広告形式よりも、視覚的なインスタ広告はユーザーの目を引きやすくなります。
  2. ターゲティングの精度: インスタ広告は、インスタグラムが持つ豊富なユーザーデータを活用して、広告のターゲットを細かく設定することができます。興味関心や行動パターンなどのデータを利用して、特定のユーザーセグメントに広告を表示することが可能です。これにより、ターゲットユーザーにより効果的にリーチすることができます。
  3. ユーザーエンゲージメントの促進: インスタグラムは、いいねやコメントなどのエンゲージメントが盛んなプラットフォームです。インスタ広告を活用することで、ユーザーとのコミュニケーションを促進し、ブランドとの関係性を深めることができます。リスティング広告などの他の広告形式と比較して、ユーザーエンゲージメントが高い傾向があります。
  4. ストーリーテリングの機会: インスタグラムはストーリーズやリールなどの機能を活用したストーリーテリングが可能なプラットフォームです。インスタ広告を通じて、ブランドのストーリーをより魅力的に伝えることができます。これにより、消費者との感情的なつながりを深めることができます。

インスタ広告は視覚的な魅力やターゲティングの精度、ユーザーエンゲージメントの促進、ストーリーテリングの機会など、他のデジタル広告形式と比較して優れた特徴を持っています。

インスタ広告の基礎知識

インスタ広告の種類や形式について

インスタグラム広告にはさまざまな種類や形式があります。以下に、代表的なインスタ広告の種類と形式を紹介します。

  1. 写真広告: シングルイメージ広告形式で、1枚の画像を使用して商品やサービスを宣伝します。画像にキャプションやリンクを追加することができます。
  2. 動画広告: 動画を使用して商品やサービスを宣伝する広告形式です。15秒から60秒の動画を投稿することができます。動画にキャプションやリンクを追加することもできます。
  3. カルーセル広告: 最大10枚の画像や動画をスライドショー形式で表示することができる広告形式です。複数の製品や特集を1つの広告で紹介するのに適しています。
  4. ストーリーズ広告: インスタグラムのストーリーズに広告を表示する形式です。15秒の動画や静止画を使用して、ストーリーズの中で商品やサービスを宣伝することができます。
  5. コレクション広告: グリッドレイアウトで複数の商品を一度に表示し、ユーザーが製品を閲覧しやすくする広告形式です。各商品には画像とタイトルが表示され、クリックすると詳細ページに移動します。
  6. ダイナミック広告: ユーザーの行動や興味に基づいて自動的に生成される広告形式です。広告主が商品やサービスのカタログを設定し、インスタグラムがユーザーに最適な広告を表示します。

利用する広告形式は、広告の目的やターゲットオーディエンスに応じて適切なものを選択することが重要です。

広告予算の設定と効果的な使い方

広告予算の設定と効果的な使い方について、以下にいくつかのポイントを紹介します。

  1. 目標に基づく予算設定: 広告キャンペーンの目標を明確に定義し、その目標を達成するために必要な広告予算を設定します。目標にはブランド認知度の向上、ウェブサイトへのトラフィック増加、製品の売上増加などがあります。
  2. 試算と予測: 過去のデータや業界の標準に基づいて、広告予算を試算し、キャンペーンの予測される成果やROIを見積もります。これにより、予算と成果のバランスを考慮した効果的な予算設定が可能となります。
  3. 柔軟性の確保: 広告予算は柔軟に調整できるように設定します。キャンペーンの進行や成果に応じて、予算を追加したり削減したりすることが重要です。特に初めてのキャンペーンでは、テスト予算を設定して、キャンペーンの効果を評価しながら予算を調整することが有効です。
  4. ターゲティングと配信の最適化: 広告予算の一部を、より効果的なターゲティングや広告配信の最適化に費やします。ターゲットオーディエンスのセグメンテーションや興味関心のターゲティング、広告配信の最適な時間帯やデバイスなどを考慮して、広告予算を配分します。
  5. 定期的な分析と最適化: キャンペーンの進行中に広告のパフォーマンスを定期的に分析し、必要に応じて最適化を行います。成果が低い広告セットやターゲットオーディエンスを特定し、予算を再配分することで、キャンペーンの効果を最大化します。

これらのポイントを考慮して、効果的な広告予算の設定と使い方を行うことで、広告キャンペーンの効果を最大化し、ビジネスの成果を向上させることができます。始めは予算感(費用対効果)はわからないと思いますが、数か月広告を出稿すると慣れます。ちなみにインスタ広告の最低出稿料金は100円です。100円では効果がつかみにくいので、1日500円で効果を見るのが妥当だと思います。

インスタ広告の作成手順

  1. ビジネスアカウントの作成: インスタグラム広告を作成するには、まずビジネスアカウントを作成する必要があります。既存のアカウントをビジネスアカウントに変更するか、新しいビジネスアカウントを作成します。
  2. 広告マネージャーへのアクセス: インスタグラム広告を作成するには、Facebook広告マネージャーにアクセスします。Facebook広告マネージャーは、インスタグラム広告の管理や作成、分析を行うためのツールです。
  3. キャンペーンの作成: 広告マネージャーで新しいキャンペーンを作成します。キャンペーンの目標(ブランド認知度の向上、ウェブトラフィックの増加、コンバージョンの促進など)を選択し、キャンペーンの設定を行います。

4.広告セットの作成: キャンペーン内で広告セットを作成します。広告セットでは、ターゲットオーディエンスの設定、広告の予算とスケジュール、広告配信方法などを設定します。

5.広告の作成: 広告セット内で広告を作成します。写真広告、動画広告、キャルーセル広告など、適切な広告形式を選択し、広告のコンテンツを作成します。テキストやリンク、CTAボタンなどの詳細設定も行います。

※コンバージョンはユーザーインスタの広告クリニック後、どこに誘導するかの導線を決めることです。

予算は1日の予算と月間の予算を決めることができます。月間で20,000円と設定するば、コンピューターが自動的に20,000円分の広告を出稿してくれます。

※広告の出稿画面です。自身で作成した広告や投稿した画像を広告として出向することができます。慣れるまでは、実際に投稿した画像を広告として出向するのも手段だと思います。カルセールを出す場合は、複数の画像が必要になります。飲食店だと料理の動画、美容院やエステなどはカルーセルが相性が良い傾向にあります。

6.広告の審査と公開: 広告の内容を確認し、必要に応じて修正や調整を行います。広告が準備できたら、広告を審査に提出し、承認されると公開されます。

7.広告の分析と最適化: 広告が公開されたら、そのパフォーマンスを定期的に分析し、必要に応じて最適化を行います。ターゲットオーディエンスや広告コンテンツ、配信方法などを調整し、広告の効果を最大化します。

以上が、インスタ広告を作成する一般的な手順です。広告を作成する際には、広告の目標やターゲットオーディエンス、コンテンツなどを考慮しながら、効果的な広告を作成することが重要です。

キャプションの重要性と書き方のポイント

    キャプションとは、写真や動画などの視覚コンテンツに付けられる説明やコメントのことです。主にSNSやウェブサイトなどで使用され、画像や動画の内容や意図を補足したり、ユーザーの注意を引きつけたりするために利用されます。短い文章で構成され、視覚コンテンツと組み合わせて情報を提供します。

    キャプションは、インスタ広告の成功において非常に重要な役割を果たします。以下に、キャプションの重要性と書き方のポイントをいくつか紹介します。

    1. 注意を引く: キャプションは、ユーザーの注意を引きつけるための重要な手段です。興味を引くタイトルや魅力的な導入文を使って、ユーザーの目を広告に向けるようにしましょう。
    2. ストーリーテリング: キャプションを使って、製品やサービスのストーリーを語ることができます。ユーザーが広告に共感し、関心を持つようなストーリーを作成しましょう。
    3. CTAの追加: キャプションには、具体的なコールトゥアクション(CTA)を含めることが重要です。ユーザーに対して、広告をクリックしたり、詳細を見たり、購入したりするよう促す明確な指示を提供しましょう。
    4. ブランドの声を反映: キャプションは、ブランドの声やパーソナリティを反映するための機会でもあります。ブランドの価値観やトーンをキャプションに反映させることで、ユーザーとのつながりを深めることができます。
    5. ハッシュタグの活用: 適切なハッシュタグをキャプションに含めることで、広告のリーチを拡大することができます。関連するハッシュタグを使って、広告がより多くのユーザーに表示されるようにしましょう。
    6. 短く簡潔に: キャプションは短く簡潔にまとめることが重要です。ユーザーの注意を引きつけるだけでなく、長すぎないようにし、スクロールするユーザーにも内容を理解してもらえるように工夫しましょう。

    ハッシュタグの活用法と効果的な選定方法

    ハッシュタグの活用法と効果的な選定方法は次のようになります。

    1. キャンペーンやコンテンツに関連するハッシュタグを選定する: 広告や投稿のテーマや内容に関連するハッシュタグを選定します。ユーザーが関心を持つであろうトピックやキーワードを含むハッシュタグを選びましょう。
    2. 人気のあるハッシュタグを利用する: よく使われている人気のあるハッシュタグを選択することで、より多くのユーザーにアクセスすることができます。関連する業界やトレンドに関連するハッシュタグを利用することが効果的です。
    3. ブランド固有のハッシュタグを作成する: ブランド固有のハッシュタグを作成し、ブランドのコンテンツに付与することで、ブランドの認知度を高めることができます。ユーザーがそのハッシュタグを使用することで、コミュニティ感を醸成することができます。
    4. 適切な数のハッシュタグを使用する: 適度な数のハッシュタグを使用することが重要です。多すぎるハッシュタグは見た目が乱雑になり、重要な情報が埋もれてしまう可能性があります。通常は2〜5個程度のハッシュタグを使用するのが適切です。
    5. 独自のブランドハッシュタグを宣伝する: ユーザーに独自のブランドハッシュタグを使用するよう促すことで、ユーザーがブランドとのつながりを強め、コンテンツを共有するきっかけとなります。例えば、キャンペーンやプロモーションでユーザーが特定のハッシュタグを使用することを促進することができます。

    以上が、ハッシュタグの活用法と効果的な選定方法の一般的なポイントです。ハッシュタグを選択する際には、ターゲットオーディエンスの関心や行動パターン、コンテンツのテーマなどを考慮して、適切なハッシュタグを選定しましょう。

    広告のパフォーマンスを測定する指標

    インスタ広告のパフォーマンスを測定するための指標には、以下のようなものがあります。これらの指標を用いて、広告キャンペーンの効果を評価し、最適化を図ることが重要です。

    1. インプレッション数(Impressions)
      • 広告がユーザーに表示された回数です。広告のリーチの広さを測定する基本的な指標です。
    2. リーチ(Reach)
      • 広告を見たユニークユーザーの数です。同じユーザーが広告を複数回見ても、リーチは1回としてカウントされます。
    3. クリック率(CTR: Click-Through Rate)
      • 広告が表示された回数に対して、ユーザーが広告をクリックした割合です。計算式は「クリック数 ÷ インプレッション数 × 100」です。広告の興味深さや効果を測定する指標です。
    4. コンバージョン数(Conversions)
      • 広告をクリックしたユーザーが実際に目的の行動(購入、登録、ダウンロードなど)を完了した数です。広告の効果を直接評価するための重要な指標です。
    5. コンバージョン率(Conversion Rate)
      • 広告をクリックしたユーザーのうち、コンバージョンに至った割合です。計算式は「コンバージョン数 ÷ クリック数 × 100」です。広告のターゲティングやクリエイティブの効果を測定する指標です。
    6. CPC(Cost Per Click)
      • 1クリックあたりの広告費用です。計算式は「広告費用 ÷ クリック数」です。広告のコスト効率を評価するための指標です。
    7. CPA(Cost Per Acquisition/Action)
      • 1コンバージョンあたりの広告費用です。計算式は「広告費用 ÷ コンバージョン数」です。広告キャンペーンの費用対効果を測定する指標です。
    8. エンゲージメント率(Engagement Rate)
      • 広告に対するユーザーの反応(いいね、コメント、シェアなど)の割合です。計算式は「エンゲージメント数 ÷ インプレッション数 × 100」です。広告がどれだけユーザーと関わりを持っているかを測定します。
    9. ビュー率(View Rate)(動画広告の場合)
      • 動画広告が再生された回数に対して、動画がどの程度視聴されたかの割合です。特定の再生時間(例:3秒、10秒、全編)を基準に測定します。
    10. ロイ(ROI: Return on Investment)
      • 広告に投資した費用に対する収益の割合です。計算式は「(収益 – 広告費用) ÷ 広告費用 × 100」です。広告キャンペーンの総合的な成功度を評価します。

    これらの指標を総合的に分析することで、インスタ広告のパフォーマンスを評価し、必要に応じて広告戦略を最適化することが可能です。

    まとめ

    インスタ広告を活用することで、ビジネスの成長を加速させることができます。この記事では、インスタ広告の作成方法や予算設定、キャプションやハッシュタグの効果的な使い方、そしてパフォーマンスを測定する指標について詳しく説明しました。

    1. ビジネスアカウントの作成: ビジネスアカウントを持つことで、インスタ広告の全ての機能を活用できます。
    2. キャンペーンの目標設定: 目標を明確にすることで、効果的な広告戦略を立てることができます。
    3. クリエイティブなコンテンツ: 視覚的に魅力的なコンテンツを作成し、ユーザーの注意を引きましょう。
    4. ターゲティングの精度: 適切なターゲティング設定を行い、広告を見せたいオーディエンスにリーチしましょう。
    5. 予算とスケジュールの設定: 柔軟な予算とスケジュール設定を行い、広告効果を最大化します。
    6. キャプションとハッシュタグの活用: 魅力的なキャプションと適切なハッシュタグを使って、広告のリーチとエンゲージメントを向上させましょう。
    7. パフォーマンスの測定と最適化: インプレッション、クリック率、コンバージョン率などの指標を定期的に分析し、広告を最適化します。

    インスタグラムの広告機能を最大限に活用して、あなたのビジネスのさらなる発展を祈っております。

    ATSUSHI SABURI

     株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、ホームーページのSEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

    目次