「社長の専門学校」M&Aセルサイトアドバイザー協会所属 

【初心者向け】いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されましたの解決法

【初心者向け】いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されましたの解決法

【初心者向け】いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されましたの解決法

「noindex」とはウェブページのメタタグやrobots.txtファイルなどで指定される指示です。これにより、検索エンジンがそのページをインデックスしないようにします。つまり、検索エンジン結果ページ(SERP)にそのページが表示されなくなります。これは特定のページを検索結果から除外したい場合や、テストページや管理用ページなど、一般公開されていないページを隠したい場合に使用します。

WordPressでブログを書き、Googleサーチコンソールでスクロール申請、後日確認すると、いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されましたの文字が。indexさせたいのにできない。そんな原因と解決策を説明してみます。

目次

WordPressでページが勝手にnoindexになってしまう原因

スポンサーリンク

WordPressでページが勝手にnoindexになってしまう原因はいくつか考えられます。多い原因としては以下のようなものがあります。

SEOプラグインの設定: SEOプラグイン(例: Yoast SEO、All in One SEO Packなど)で、特定のページや投稿がnoindexに設定されている可能性があります。プラグインの設定画面から確認して、該当ページがnoindexになっていないか確認してください。

テーマの設定: 使用しているWordPressテーマがnoindexを自動的に設定している場合があります。テーマの設定やカスタマイズオプションを確認して、不要なnoindex指定がないか確認してください。

robots.txtファイル: ウェブサイト全体のrobots.txtファイルでnoindexが設定されている場合、すべてのページがインデックスから除外されてしまいます。robots.txtファイルを確認し、必要ならば修正してください。

個別ページの設定: WordPressのページや投稿の編集画面で、個別にnoindexが設定されている場合があります。該当するページの編集画面を開き、SEO設定やメタタグ設定を確認してください。

All in One SEO Packでの解決法

ここからはあくまでも素人の私が行った解決方法ですので、正しい方法かはわかりませんが、説明します。私は、使用しているテーマはcocoonでサイトマップのためにAll in One SEO Packをプラグインで利用しています。

個別ページの設定

上記項目のチェックを外す。デフォルトではチェックが入っていないはずです。何らかの弾みでチェックをつけてします可能性があるので、私は念のために確認します。

SEOプラグインの設定

All in One SEO Packから上記の管理をクリック。高度な設定からグローバルロボットメタの項目に

「インデックスRSSフィードなし」のチェックをはずす。

以上です。

私の場合、「いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されました」となるページはfeedが多かったです。

ちなみにfeedとは

RSSフィード: ウェブサイトやブログのコンテンツを自動的に配信するための仕組みです。RSSフィードは通常、最新の記事や投稿のタイトルや要約をまとめたXML形式の文書で、読者がブログやウェブサイトの最新情報を簡単に取得できるようにします。これをfeedページと呼ぶことがあります。

フィードページ: WordPressなどのCMS(コンテンツ管理システム)では、デフォルトでフィードページが生成され、特定のURL(例: https://example.com/feed)でフィードを提供します。これにより、読者や購読者が最新のコンテンツをリアルタイムで取得できるようになります。

フィードの種類: 主にRSSやAtomなどが一般的ですが、これらはすべて「feedページ」として知られることがあります。これらのページは通常、自動的に生成され、サイトのコンテンツ更新情報を配信するために使用されます。

このページは自動に生成されるのは良いのですが、生成されたページが、「いいえ‘X-Robots-Tag’ http ヘッダーで ‘noindex’ が検出されました」とGoogleサーチコンソールに指摘されることもあります。無視しても良いと思いますが、気持ち悪かったので取り組んでみました。

ATSUSHI SABURI

株式会社アドメディカル代表。大学卒業後、大手予備校に就職。学生募集に携わる。特にデジタル領域に力を注ぎ、 ホームーページ SEO・MEO対策、インターネット広告、コンテンツマーケティングを中心に売上拡大。少子化が進む 教育業界で毎年120%売上を伸ばす。独立後は、予備校時代のノウハウと人脈を生かし、富裕層向けの広告プランニング、 SEO・MEO・インターネット広告のインハウス(内製)化のサポートを中心に事業展開。

あわせて読みたい
Googleアドセンス 【申請から審査まで】審査結果に時間がかかる理由 Googleアドセンス 【申請から審査まで】審査結果に時間がかかる理由 今や、多くのブロガーやウェブサイト運営者の定番となっている、Google AdSenseを通じて広告収益を...
目次